逆風に挑む創造力

Countering Headwinds with Creativity

新型コロナウイルスによる地球規模の混乱に拍車を掛けるようにロシアによるウクライナ侵攻が勃発し、世界経済はかつてないほどの不透明感に包まれています。

サプライチェーンの分断、気候変動問題などに加え、資源・食糧価格の高騰に端を発したインフレ加速など、企業が対処すべき課題は山積しています。

こうした逆風下でもそれを好機ととらえて成長を続けるために、企業はどのような戦略を描き、実行していけばよいのでしょうか。

各業界の第一線で活躍する著名経営者らが熱い議論を交わします。

WHAT’S NEW
  • 2022.09.22

    豪華講師陣、ついに公開!

  • 2022.09.01

    サイトをオープンしました。

SPEAKERS

※2022年9月22日 更新、敬称・尊称略、順不同
※講師、講演内容は予告なく変更になる場合がございます。予めご了承ください。

オンライン登壇

星野 佳路

星野リゾート
代表

ジョアン・クレボイセラ

タペストリー
CEO

吉田 憲一郎

ソニーグループ
代表執行役 会長 兼 社長 CEO

永守 重信

日本電産
創業者 会長(CEO)

アミン・ナセル

サウジアラムコ
社長 兼 CEO

スティーブン・シュワルツマン

ブラックストーン・グループ
会長 兼 CEO、共同創業者

クリスチャン・ムーメンターラー

スイス・リー・グループ
CEO

工藤 幸四郎

旭化成
社長

ジョン・リアディ

リッポー・カラワチ
CEO

ヤノスラフ・クチロフスキ

DeepL
CEO

アニカ・ファルケングレン

ロンバー・オディエ・グループ
マネージング・パートナー

ジョン・マーフィー

ザ コカ・コーラ カンパニー
上級副社長 兼 CFO

ジャニス・リー

PCCWメディアグループ 社長 兼 Viu CEO

ジョン・マカラリーシー

KPMGインターナショナル
ESG統括グローバルヘッド

タン・フイリン

グラブ
共同創業者

ピーター・バッカー

持続可能な開発のための世界経済人会議(WBCSD)
代表

山口 明夫

日本IBM
社長

渡辺 創太

ステイクテクノロジーズ
CEO

神保 謙

慶應義塾大学
総合政策学部 教授

ジャン‐フランソワ・マンゾーニ

IMD
学長

一條 和生

IMD
教授(イノベーション、リーダーシップ)

竹内 弘高

ハーバード・ビジネス・スクール
教授

世界経営者会議とは

毎年秋に開く世界経営者会議は日本経済新聞社が主催する国際ビジネスイベントの最高峰です。世界の著名な経営者が2日間にわたって問題意識を共有し、経営理念や企業戦略などを語り合います。

第1回(1999年)以来、ゼネラル・エレクトリックのジャック・ウェルチ会長(当時、以下同)をはじめ、キヤノンの御手洗冨士夫社長、グーグルのエリック・シュミット最高経営責任者(CEO)、アリババ・グループのジャック・マーCEOら名だたる経営者を講師に迎えてきました。

前回(2021年)は新型コロナウイルス禍後初めて有料受講者を会場に招いての開催となりました。アイロボット・コーポレーションのコリン・アングル会長、アドビのシャンタヌ・ナラヤン会長ら海外講師がオンラインで参加したほか、国内講師では、アイリスグループの大山健太郎会長、ディー・エヌ・エーの南場智子会長らが会場ステージに登壇しました。

「世界経営者会議」はここがすごい!

FORUM OUTLINE

会期
2022年11月8日(火)・9日(水)
会場
帝国ホテル東京 アクセス
主催
日本経済新聞社 IMD ハーバード・ビジネス・スクール
特別協賛※順不同
旭化成 KPMG ジャパン サウジアラムコ ステイクテクノロジーズ ソニーグループ 日本IBM 日本コカ·コーラ
特別協力
フィナンシャル・タイムズ
お問い合わせ
第24回日経フォーラム
「世界経営者会議」事務局
reg_ngmf2022@nikkei-ngmf.jp
報道取材について
取材には事前登録と主催者の許可が必要です。
第24回 日経フォーラム「世界経営者会議」事務局までお問い合わせください。

TICKETS

  • 来場パス※200席限定

    JPY 93,500 - (税込み)

  • 会場での受講

    両日ともに受講可能

    ※日英同時通訳付き

    Day 1 Day 2
  • 会場での特別セッション受講

    Day 1 Day 2
  • 昼食

    形式未定

    Day 1 Day 2
  • ライブ配信のオンライン視聴

    両日ともに視聴可能

    Day 1 Day 2
  • アーカイブビデオ配信のオンライン視聴

    2023年5月まで

    Day 1 Day 2
  • Nikkei Asia 購読

    ※申し込み完了後、メールでご案内申し上げます。

    (申し込み時期により10月初旬、11月初旬または11月中旬ごろの案内を予定しております)

    6カ月

新型コロナウイルス感染症の流行に伴う国や自治体のイベント開催制限により、中止や変更、参加をお断りする場合があります。予めご了承のうえお申し込みください。

お申し込みはこちら
  • オンラインパス

    JPY 55,000 - (税込み)

  • ライブ配信のオンライン視聴

    両日ともに視聴可能

    ※日英同時通訳付き

    Day 1 Day 2
  • アーカイブビデオ配信のオンライン視聴

    2023年5月まで

    Day 1 Day 2
  • Nikkei Asia 購読

    ※申し込み完了後、メールでご案内申し上げます。

    (申し込み時期により10月初旬、11月初旬または11月中旬ごろの案内を予定しております)

    6カ月
お申し込みはこちら

PROGRAM

ただいま準備中です。